キッコーマン

こんみら~🙋


今朝の記事で、象印には、象の印じゃないZOJIRUSHIだった時代があったことを書きましたが、他にもバブルの頃にCIを導入してこれまでのロゴマークが一度なくなり、その後復活したという事例がありました。


キッコーマンと言えば


このマークで有名ですが、キッコーマンもバブル期にCIが導入されて、亀甲の中に萬のマークじゃないKIKKOMANだった時代がありました。


1987年のCIの導入でこんな感じのマークににり、伝統ある亀甲の中に萬のマークは使われなくなりました。


2008年にCIのロゴが変更され、kikkomanが小文字になりフォントも変わりました。
こっちの方がいいですね☆
同時に亀甲の中に萬のロゴマークが復活し、nの右上に配置されました!


やっぱり象印はゾウのイラスト、キッコーマンは亀甲の中に萬のロゴがあった方がいいですね☺️
新しいものを取り入れても伝統は受け継がれて行って欲しいです!


キッコーマンと言えば



醤油のイメージですが、醤油だけじゃなく、






いろいろ作っている総合食品メーカーです。


キッコーマンの豆乳

以前は紀文の豆乳でした!
しかし、いまだにこの絵を見て「紀文の豆乳」と言いそうになるし、「キッコーマンの豆乳」っていまだに違和感を感じます…
「キ」で始まり「ン」で終わることには変わりはないんだけどねw


紀文もバブル期にCIが導入され、

筆書き風のフォントで「紀文」のロゴは使われなくなり、


ハートを3つ組み合わせて、アルファベットで「KIBUN」のロゴマークになりました。


ハートフラワーと呼ばれていて、紀文消費者物流業者の心が1つになるという意味合いがあるらしいです。


ハートフラワーのロゴマークになって間もない頃のキャッチフレーズは「美味しいものハートで作ります」。

いつの間にか筆書きの「紀文」が復活してハートフラワーと組み合わせられました。


紀文についてもCIを導入してこれまでに使用していたものが一度消滅して、その後復活したことになりますね!



企業などのロゴマークや名前などについて研究するのは楽しいですね😊


コメント・ナイス・拍手お待ちしています(^-^)